トップページ > 中川淳庵顕彰薬草園 > 10月開花情報(見どころ)

10月開花情報(見どころ)

      秋麗(あきうらら)薬草園に赤とんぼ
                             詠み人知らず

 日ごとに夕暮れが早まり、吹く風の音に深まり行く秋を感じる神無月を迎えました。
澄み切った青空のもと、薬草園では時おり赤とんぼが羽根を休め、秋の七草が
艶やかに美しく風に揺れています。
この季節ならではの心癒される風景を楽しんで下さい。

・10月の開花情報(見どころ)
① ウコン(熱帯アジア原産の大型多年草。秋に円柱状の花序を出して花を開くので
  秋ウコンと呼ばれる。薬草園東奥の葉陰を探してね。)
② ツリガネニンジン(日本各地の山野に自生する多年草。
  花の形が釣鐘型で、根が白くて太く朝鮮人参を思わせることに由来。)
③ ウンシュウミカン(ミカン科の常緑低木で、日本の風土に適し
  最も多く栽培される柑橘。)
④ アイ(中国から渡来した一年草で、花は淡紅色または白色の小花。
  藍染めの染料として7世紀以前から栽培されている。)
⑤ トウゴマ(直径30~50㎝の掌状葉が互生。晩夏に上方にクリーム色の
  雌花、下方に雄花をつける。種子から採れる油がヒマシ油。)
⑥ キキョウ(日本全土の日当たりのよい草地に自生する多年草。「秋の七草」の一つ。
  自生株は環境省の「絶滅危惧種」に指定。)
⑦ カワラナデシコ(山地の草原や低地の河原などに生える多年草。
  茎頂きに淡紅色の花を数個開く。
  中国産に対してヤマトナデシコとも呼ばれ、「秋の七草」の一つ。)
⑧ セイヨウヤマハッカ(地中海地域を原産として温帯地域に広く分布する多年草で
  白みを帯びた花が晩夏から晩秋に開花。蜂を引き付ける蜜源ハーブとして知られる。)

ウンシュウミカン

ハイビスカス
秋ウコン
カワラナデシコ