トップページ > 中川淳庵顕彰薬草園 > 11月の開花情報

11月の開花情報

11月の開花情報  (東玄関の奥から)
① 杭白ギク(中国からの導入種。頭花「菊花」には解熱、解毒、鎮痛、消炎作用あり)
② ノゲイトウ(インド原産の一年草。帰化植物で、種子が薬用。紅白2段の穂状花を次々に出す)
③ リンドウ(各地の山野に自生する多年草。茎の上部に青紫色の4~6花がかたまって咲く。)
④ ケイトウ(鶏冠のような花形で花壇の花、中川淳庵が薬品会に出店した)
⑤ ツリガネニンジン(薄青色の鐘状花、新芽は山菜として美味。根は朝鮮ニンジンに酷似する)
⑥ ウド(日本各地の山野に自生。白花の散形花序で、果実は多肉質で黒熟。新芽が山菜として人気)
⑦ オミナエシ(秋の七草の一つで黄色の花、根に特有の臭い=「敗醤香」)
⑧ フジバカマ(秋の七草の一つ。葉が万葉期からの芳香材で、光源氏も愛用か?) など