トップページ > 中川淳庵顕彰薬草園 > 薬草のご紹介 > アマハステビア・一枚の葉でも十分甘い

アマハステビア・一枚の葉でも十分甘い

薬草検索

特徴

 アマハステビア(Stevia rebaudiana)は、南米パラグアイ原産の多年草です。中国名は「甜菊(テンギク)」。平均気温20℃前後の南緯23度付近に自生しており、日本では戸外での越冬がやや難しい植物です。葉に含まれる成分は主としてステビオサイド(stevioside)とレバウディオサイド(rebaudioside)という配糖体で、前者は砂糖の150倍、後者は250倍ほどの甘さがあります。ただし、それらの含有量には個体変異がかなりあって、市販されている株の成分比率は通常7:3という割合で前者が多く含まれています。最近では天然甘味料としてガム、清涼飲料、氷菓などに用いられていますが、濃度が上がると苦味を感じるようになり、ダイエット飲料といえども糖分20%のうち5%ほどしか代替できていません。家で少量を用いる場合は焦げない程度に炒ると、酵素が失活して爽やかな甘さになります。

 若い頃に台湾旅行中、台中から合歓山へ登る途中の埔里(ホリ)という街の土産物屋で、「甜菊」の袋が目に留まりました。少し口に入れると、飛び切りの甘さに驚きました(後日の分析で成分比が5:5と判明)。聞くと、近くの少数民族が栽培したものと判ったことから、後日台湾の友人に交渉してもらって“生きた株”を入手しました。以来、遺伝子が変異しないよう挿し木繁殖して継代し、薬草園でも荷造りシートの被覆という簡単な防寒対策だけで元気に育っています。