トップページ > 中川淳庵顕彰薬草園 > 薬草のご紹介 > オウレン・若州産の黄連とは?

オウレン・若州産の黄連とは?

薬草検索

特徴

 公立小浜病院の中庭に“中川淳庵を顕彰する薬草園”が開園しました。小浜藩医であった彼は、朝鮮ニンジンの栽培技術を確立した幕府医官・田村灌水に師事して本草学を学び、宝暦7年(1757)に初めて開かれた薬品会(ヤクヒンエ)(物産会)以来、毎年3~6種の薬物を出品しています。中でも明和3年(1766)には「黄連(オウレン)」を出品していますが、わざわざ“若州産”と記録されていますので、恐らく国許の小浜から江戸に取り寄せたものと思われます。

 黄連は、オウレン類の根茎を乾燥したもので、古来より消炎、止血、精神不安などの要薬として多くの漢方処方に配合されるほか、胃腸薬の原料として幅広く用いられています。

 本州中部以西には“2回3出複葉”のセリバオウレン(Coptis japonica var. dissecta)が、山陰以北の日本海側には“1回3出複葉”のキクバオウレン(var. japonica)がそれぞれ分布しており、いずれの根茎も薬用として同様に利用できます。どうやら小浜市の辺りに両者の分布境界があるようです。これまでの調査で名田庄にはセリバが、またエンゼルラインにはキクバがそれぞれ確認できました。郷土の偉人を顕彰するため、今後さらに地元の情報収集に努めたいと考えています。